« パウエルクワック | トップページ | 神都ビール »

2007年5月 1日 (火)

対 ホルヘ・リナレス

Rina  今日は帝拳ジムへ出向き、ホルヘ・リナレス選手とスパーリングをしてきました。リナレス選手は17歳のときにベネズエラから来日し、帝拳ジムに所属しています。これまで23戦23勝(14KO)と圧倒的な強さです。現在はフェザー級WBA1位・WBC2位で、今月26日にはアメリカでWBCフェザー級暫定王座をオスカー・ラリオス選手(メキシコ)と争います。
(正規王者の池 仁珍(韓国)が怪我により防衛戦が行えないので、暫定王座決定戦が決まりました。)

 これほどの選手とスパーリングを出来る機会はあまり無いので、仕事を早退させてもらいスパーリングに行きました。
 僕のほかに、前フェザー級日本チャンピオンの梅津宏治選手(ワタナベ)も来ていて、僕が先に4ラウンドやって、梅津選手がその後に4ラウンド。リナレス選手は計8ラウンドのスパーリングです。

 実際にやってみた感想は…

速えぇぇーーーー!

 一発、一発も速いし、コンビネーションも激速です。今までやってきた中には、これほど速い選手はいませんでした。今までに何度か試合を見たことがあり、スピードのある選手だというのは分かっていたのですが、体感してみると予想以上の速さでした。
 これは見ていてはよけられないと思い、先手先手でプレッシャーを掛けていったら意外とパンチがあたりました。
 僕よりも階級は下なので、結構押し込んでいくことが出来ました。でも、ロープやコーナーに詰めた時に、もう少し工夫をして攻めればよかったなとビデオを見ながら思いました。

 何はともあれ、今日はとてもいい勉強になりました。今日感じたことを忘れずに、練習に取り組んでいきます。

帝拳ジムのHPに写真があります→...___TEIKEN.COM___...

|

« パウエルクワック | トップページ | 神都ビール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対 ホルヘ・リナレス:

« パウエルクワック | トップページ | 神都ビール »